EXPORT - 日本, アジアから欧州へ

日本製又は、日本で企画され第三国で生産した商品を欧州市場で販売。一概には、言えませんが、日本や北米で生まれたブランドは、数年も経過すると売れなく成ってしまいます。欧州で売れるブランドは、日本、北米でもどこでも売れます。何故でしょうか?それは、欧州は、本当の意味で実力のある商品で無ければ生き残る事が出来ません。そう言う意味では、品質が良く、安定した日本製又は、日本で企画された商品は、売れる可能性が大きいのです。同じ価格で比較しても日本製、日本企画の商品は、品質が良いですし、安定しています。欧州の消費者は、非常に目が利きますので、品質が良く、ニーズに合った商品であれば必ず売れます。M&A、業務提携、販売代理店獲得等と様々な手段がありますが、そこに到達する迄にも地道なマーケッティング活動や販促活動が必須です。成功しているところが増えて来ているのも事実です。

欧州で開催される展示会への出展

販促の大きな機会は、展示会です。又、代理店探し等にも活用出来ます。様々な展示会があります。ファッション、雑貨関連であれば、イタリアかフランスの展示会が最も大きな影響力があります。世界中からBUYERやデザイナーが集まります。世界的に有名なデパートやセレクトショップで扱われる様に成るのも決して夢物語ではありません。

市場調査と目標

自社の商品をどの様に販売していくか。その前に十分な市場調査が必要です。競合商品、価格帯、売り場等、多くの情報を得て分析する必要があります。目標と予定を立て、それに向かって着実に行動を起こして行きます。

欧州現地の代理店又は, Distributorとの業務提携

日本又は、生産地から直接小売店へ販売を行う場合と代理店やDISTRIBUTORを通して販売するケースがあります。商品の類にも依りますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。適切なパートナーとも言うべき代理店又は、Distributorは、直ぐに見つかる場合もありますが、中々、見つからない場合もあります。見つかってやって見て上手い行かない場合もあります。相手の事を十分に調査する必要もありますが、当初は、短期の契約にする方が良い様です。代理店やDistributor探しも当初は、展示会での出展からその機会を模索するのが一般的です。代理店やDistributorと取り組む事で他の国や地域で販路が広がります。欧州で販路を広げる為には、“掛け売り”に対処しなければ成りません。その為にも信用出来る相手と取り組む事が成功への道のりでもあります。

例え、日本や北米で実績がある商品(ニーズにあった商品であり、価格的にも優位)であっても欧州では、一からスタートと成る場合が多いです。(実際に、アメリカブランドで日本やアジアで実績のあるブランドを扱った経験から)地道な活動は、容易ではありませんが、欧州で販路を広げる事が出来れば、日本や北米で更なる飛躍に必ず成ります。

ビジネスフォロー

弊社は、お客様の欧州への販路開拓の為に最大限のお手伝いをさせて頂きます。基本的には、年間契約ベースでお願いする事に成ります。

お問い合わせ

法人、個人問いません。お気軽に下記のメールアドレスへお問い合わせ下さい。

connecteuro.jp@gmail.com

お勧めファクトリーBrand

ブログ 欧州現地から