CARLO VARDES Made in Italy


CARLO VARDES Hand Made in ITALY - 1962年 スペインのアンダルシア コルドバの革屋の長男として生まれる。 スペインの コルドバは、革なめし、革の製作では、昔から世界的に有名な地域です。 15歳から鞄職人として活動を始めました。 才能を認められ有名ブランドのファッションショー用サンプルを手掛ける様に成り、その後、数多くの有名ブランドのコレクションを手掛けます。 ファッションショー用のサンプルを任せられる職人は、皮や素材を熟知しており、尚且つ、高い技術が要求されます。 40歳の時にイタリア フィレンツェに移りました。 フィレンツェは、高級バックの聖地であり、多くの有名ブランドがフィレンツェで生まれ、生産されています。 フィレンツェの地でも有名ブランドのファッションショー用のサンプルを任される様に成りました。 そして、2011年 自らの革の工房をフィレンツェに構え自分のオリジナルブランドの製作を始めました。ブランド名は、本人の名前を冠したC. VALDES "ビジネス鞄を美しく作る"、鞄の中で最も手間が掛かるのがビジネス鞄、綺麗なスタイルに作り上げるのは、至難の業です。ビジネス鞄を綺麗に作れる職人は、どんな鞄でも作る事が出来ます。イタリア、ヨーロッパでは、ビジネスのお洒落でも革のビジネス鞄が主流です。 通常、鞄製作の工程は、分業とされますが、 革のナメシ具合、仕上げ、製作工程のデテールに至る迄、全てCARLO VRDES本人が携わります。 革のクオリティーは、最高級のカーフスキンを使用、ナメシは、フィレンツェ近郊の伝統的なバケット製法で仕上げられています。革の艶、質感からも上品さが窺えます。使い続ける事で何とも言えない味のある色合いに成って行きます。 革を可能な限り削いであるので、決して重すぎる事もありません。表裏の間の芯にも工夫がされており、柔らかさを保ちつつ、綺麗なフォルムに仕上がっています。 デテールまで細かく縫いこまれ、使い込む事でさらに良さが引き出されて行く。 ここまで完成された鞄は、嘗て見た事が無い程の素晴らしい出来栄えです。日本では、ナイロンや生地素材のブランドバックが流行っていますが、イタリアでは、ワンランク上の本物志向の方は、革のブリーフケースです。

<< 前のページに戻る

recommend

ブログ 欧州現地から